肌がきれいなので満足をする女性
肌を気にする女性

肌質を変えるといっても、実際はそう簡単な事ではありません。体質の問題だったり、肌の状態によって大きく左右される人もいますから、そう簡単に出来ない、と思う人もいる事でしょう。
しかし、実はかなり簡単に肌質を改善する方法はあります。実は、普段から使っている化粧品を変える事によって、肌質を改善できるかもしれません。

まず、基本的には化粧品を切り替える前に、そもそも自分の肌質が本当にその肌質かどうか、改めて確認してみる必要があります。たとえば、皮脂が多い脂性肌だと思っていても、実はクレンジングがいまいちだったり、オイルケアを過剰にしているために脂分が多くなりすぎて脂性肌になりがち、という人もいるのです。
一方で、あまりにオイルカットをし過ぎるために乾燥肌になってしまったり、クレンジングやピーリングが強すぎて乾燥肌になっている人もいます。このため、自分がこれまでつかってきたケアの内容を改めて確認し、またそのケアの中で特定の成分を過剰にカットしていないか、刺激が強すぎないか・弱すぎないか、考えてみましょう。

実は意外かもしれませんが、日本人に一番多い肌質は混合肌なのです。これはおでこや鼻はオイリーだけれども頬は乾燥するとか、部分的に保湿を必要とするが部分的にてかるという人が多いでしょう。このような人は基本的にオイリーな部分はしっかりクレンジングをして、逆に保湿を必要とする部分はあまり過剰なクレンジングはせずに、保湿はしっかりするという程度で構いません。

なお、ひとつのスキンケアを使って、まるでマジックのように肌質が改善されるという商品にはあまり期待しない方がよいでしょう。あなたの肌の状態によっては、脂質分泌が過剰なおでこや鼻筋はさっぱりした化粧水を使い、頬は保湿効果の高いクリームをプラスする、というようなケアも方法となります。

目標としては、出来るだけ肌質がきれいで安定し、肌トラブルがない肌を目指しましょう。
肌質改善については内側からのケアも出来ますが、もし外からのケアにこだわったりスキンケアにこだわる場合は、パーツごとのケアや肌質に合ったケアを狙うのも方法かもしれません。
また、脂質が多い脂性肌の場合はさっぱりしたスキンケアでうるおいを何よりも補う事で保湿されて余分な脂質分泌が減ったり、乾燥肌の場合は少し油分をプラスすることで適度に保湿される場合もあります。ひとつのスキンケアなどにこだわらず、様々なケアや美容法を試しましょう。